TOP | 会の紹介 | 代表ブログ | お問い合わせ | サイトマップ  


「マンションコミュニティ研究会」 が目ざすもの

「集まって住むってステキ!」という常識を作ろう!

プライバシーが保たれていても、すぐお隣に人が暮らしているスタイルは、いざというとき5秒で駆けつけてもらえる、本当はものすごく安心な住まい方のはずです。
「無関心」 とくくられるマンション居住者ですが、一人一人は、決してそうではありません。
大抵の人は、個人の生活に踏み込まれたくないと思うのと同時に、気持ちのいい近隣との関係は必要で、いざというときは近隣で助け合いたいと思っています。
私たちは、マンションという集住スタイルが、決して面倒なものでも、無関心の集合体の寒々としたものでもなく、個々のライフスタイルが大切にされながら、人とどこかで繋がっている安心感を得られるとてもステキな住まい方だと、マンション住民が積極的な意味を見い出し、一人一人がコミュニティを大切に育てていくような未来を作りたいと願い、そのための活動をします。


コミュニティのセーフティネットをつくろう!

「村八分」という言葉があります。村の約束事を守らなかった家との付き合いをやめ孤立させるという、農村社会における濃いコミュニティの残酷な一面を表すものです。と同時に、どんなに仲間はずれの状況でも、二分は例外で助けるという決まりだったのです。その二分とは、お葬式と火事の時です。

現在は、周りと共同しなくても生活できる便利な社会ですが、しかし、どんなにがんばっても人は一人では生きられないし、最後の後始末も自分ではできません。
核家族が当たり前、単身者も増加し、高齢化、高齢独居も今後ますます増える状況で、マンションにも、二分のお付き合いは絶対に必要です。
現代の二分は、「孤独死を防ぐ」「大災害時の助け合い」ではないでしょうか。

人の生死に関わる場面、大きな災害時に機能するコミュニティのセーフティネットをマンションに築いていくための活動をします。

新しいコミュニティの形をつくろう!

昔は暖かいご近所付き合いがあってよかったと懐かしむ声が聞かれます。
しかし、濃いご近所付き合いには煩わしさもあったはずで、それが 「鍵ひとつで、ご近所付き合いの煩わしさがない」 が売りのマンションの人気に繋がったということも事実です。
今、その 「鍵ひとつで・・・」 意識が、マンションコミュニティ形成に大きな障害になっていると言われますが、以前にも増して多様な価値観を持つ人が集まって住むマンションで、みんなで昔のような濃い人間関係に戻ろうというのは無理があります。
事情を抱えていたり、家族の問題や仕事で目いっぱいの方もいて当然なのがコミュニティです。
普段はそれぞれの生活を大切にし、あまり濃い付き合いはしていなくとも、どこかでちゃんとつながっているという「安心感」を感じながら暮らせる。
そんな、今の価値感に合った新しい都市型コミュニティの形を示し、広めていく活動をします。
ゆる~くて、芯はほっかほかの 「ゆるほか」 の 「きずな」 でつながるコミュニティです。


相手の気持ちを考えたコミュニケーションでコミュニティをハグくもう!

相手の状況や気持ちが分からないことが、ちょっとした 「不安」 や 「苛立ち」 を大きくしてしまいます。
また、同じことを伝えるにも、いきなり怒りをぶつけたり、責めたりすると、相手も受け入れられなくなります。
コミュニケーションにおける、相手の立場を考えたちょっとした気配りが、マンション内の人間関係を円滑にします。
相手の気持ちを察したコミュニケーションのとり方を提唱し、人間関係のトラブルにならない「安心」集住の実現をめざす活動をします。

hugcard


一人一人のちょとした気配りと行動でコミュニティを変えていこう!

コミュニティはたいせつだから、「さあ、お祭りをしよう」、「家族状況が分かる名簿をそろえよう」 となりがちですが、べースにコミュニティに対する信頼と帰属意識がないとなかなかうまくいきません。
一生懸命やり過ぎて新たな不協和音が生まれてしまうこともあります。
まずは、できる人から、一人一人が負担なくできる小さなことから取り組むことが、周りによい波及効果を与え、いずれは大きく育ちます。「あいさつ」運動はその典型です。
それを一歩進め、コミュニティで、気持ちを伝え合う方法として 「コミュニティ・カード」 というアイテムを用意し、みんなが抵抗なく気持ちを伝える 「行動」 にうつれるような、環境整備をします。

前へ   TOPページへ   次へ

 

 

マンションコミュニティ研究会

Facebookページも宣伝

 

 

 

 

 

 


About Us | Site Map | Privacy Policy | Contact Us | copylight ©2010 mckhug.com all rights reserved